セコマ(本社・札幌市中央区)が北海道の地域特産品を利用した地域名の付いたブランド商品を続々投入している。2008年に北海道と締結した連携協力協定に基づいた取り組みで、地元資源や生産物を地元で消費・活用することで地域経済活性化を図る産消協働の一環。(写真は、「Secoma北海道美瑛町産ハスカップサワー」)

 9月24日からセイコーマートやハセガワストア、タイエー、ハマナスクラブの各店舗で発売を開始したのは、上川郡美瑛町産ハスカップを使用した『ハスカップサワー』。JAびえいの協力を得て調達した美瑛町産のハスカップの果汁0・8%を使用したリキュールサワー。セコマグループのダイマル乳品(苫前郡羽幌町)で搾汁して使用、ハスカップの爽やかな酸味が特徴となっている。アルコール分は5%、本体価格は北海道店舗が128円、関東店舗は138円。JAびえいの美瑛選果本店でも販売している。製造予定は40万本。パッケージには丘のまち美瑛のパッチワークの丘とハスカップをデザインした。

(写真は、「Secoma仁木町産ブルーベリークリームパン」)

 10月4日から発売したのは、余市郡仁木町産ブルーベリーの果汁を使ったクリームパン。セコマでは仁木町産のブルーベリーやキャンベル、リンゴを使ったアイス3品目を今年発売しているが、今回新カテゴリーを投入した。JA新おたるの協力を得てダイマル乳品で仁木町産ブルーベリーを搾汁、同じセコマグループのシェフグランノール(札幌市白石区/厚別区)でクリームパンに仕上げている。ブルーベリーの甘酸っぱい爽やかなおいしさが広がるクリームを楽しめる。本体価格は北海道、関東とも110円。

(写真は、「YOUR SWEETS苫前町産かぼちゃモンブラン」)
(写真は、「YOUR SWEETS苫前町産かぼちゃシュークリーム」)

 10月5日から発売したのは、苫前郡苫前町産かぼちゃの規格外品を原料に使ったソフトとプリン、モンブラン、シュークリームの4品。原料にはJA苫前町の協力のもと規格外かぼちゃ4tを使用。ダイマル乳品でかぼちゃピューレを作りかぼちゃソフトを製造、シェフグランノールではモンブランとシュークリームを製造、セコマグループの豊富牛乳公社(天塩郡豊富町)が製造した牛乳も使用している。「北海道かぼちゃソフト」の本体価格は北海道185円、関東210円、「プリン」は両地域とも本体価格188円、「モンブラン」も両地域とも本体価格240円、「シュークリーム」も両地域とも本体価格128円となっている。



7人の方が「この記事が参考になった」と言っています。