• Follow Me

地域経済の専門サイトとしてグローカルな情報を毎日提供しています。

北海道リアルエコノミー

MENU

ホーム 北海道の今を読み解く地域経済ニュースサイト「リアルエコノミー」

大韓航空が旭川ーソウル線就航、週5回1日1往復

2019/06/13 09:15

 大韓航空の旭川ーソウル線の定期便が就航した。就航を記念するセレモニーが6月1日に旭川空港の国際線到着ロビーで行われ、空港関係者や経済人、自治体の関係者約50人が就航を祝った。(写真は、旭川ーソウル線の定期便就航を祝う西川将人市長《右から3番目》、大…

サツドラと札幌ハイヤー協会、妊産婦サポートの協力協定

2019/05/27 08:30

 サツドラホールディングス(本社・札幌市北区)のグループ企業であるサッポロドラッグストアー(同・同)は、一般社団法人札幌ハイヤー協会(同市中央区)と「妊産婦に対する包括的なサポートサービス」に関するパートナーシップ協定を締結した。(写真は、パートナー…

【動画】夕張支線が消える 栄枯盛衰見つめて126年

2019/04/01 08:00

 明治25年、1892年11月1日に開業した石勝線夕張支線が3月31日、126年余りの歴史を終えた。炭都・夕張の盛衰を支えてきた鉄路は、この日たくさんの人たちに見守られながら有終の美を飾った。※動画はこちらの画像↓をクリックしてご覧ください。 …

北海道バス協会が路線バスの旅「バスタビ北海道」第4弾公開

2019/02/26 08:30

 一般社団法人北海道バス協会が企画制作する路線バスを利用した旅をウェブと映像で紹介する「バスタビ北海道」の第4弾の公開が22日から始まっている。(画像は、バスタビ第4弾ウェブサイトのトップ画面)  これまで第1弾の沿岸バスを利用した「留萌・豊富…

JR北海道のリゾート列車「ニセコエクスプレス」の里帰りプロジェクト始動

2019/02/26 07:30

 JR北海道(本社・札幌市中央区)のリゾート列車で2017年に役目を終えた「ニセコエクスプレス」を虻田郡ニセコ町に里帰りさせるため、26日からクラウドファンディングによる寄付金募集が始まった。ニセコ町鉄道文化協会やニセコ町教育委員会、有島記念館が起案…

北海道エネルギー、札幌・北5西16でガソリンスタンドと立体駐車場一体化ビル着工

2019/02/20 07:30

 道内ガソリンスタンド最大手の北海道エネルギー(本社・札幌市中央区)は、札幌市中央区北5条西16丁目でガソリンスタンドと立体駐車場が一体化した複合ビルを建設する。4月に着工、年内完成を目指す。投資額は10数億円。(画像は、ガソリンスタンドと立体駐車場…

JR北海道、自社観光列車「山紫水明」号、「はまなす」号、「ラベンダー」号を投入

2019/02/15 08:30

 JR北海道(本社・札幌市中央区)は、2019年秋と20年秋に自社の新たな観光列車を投入する。同社は、JR東日本や東急電鉄と連携して2社が保有する観光列車を道内で走らせる計画を明らかにしたが、自社観光列車も充実させることで線区の維持、発展に繋げる。(…

JR北海道の政策大転換、東急電鉄やJR東日本の観光列車を臨時導入

2019/02/13 08:30

 JR北海道(本社・札幌市中央区)が、国鉄分割民営化で1987年に発足して以降、初めての大胆な経営戦略を打ち出した。JR東日本(同・東京都渋谷区)、東京急行電鉄(同・同)、JR貨物(同・同)と協力して、道内でJR東日本と東急電鉄の観光列車を走らせるこ…

鉄路に刻んだ94年、「釧路石炭列車」まもなく運行終了

2019/02/10 12:15

 釧路からまた地域に根差した光景が消える。釧路石炭列車の廃止である。春採湖畔から釧路港までの約4㎞を結ぶ鉄路は、釧路繁栄の記憶を現在に承継してきた生き証人とも言える存在だった。開通から94年、必然の終焉があらためて地域に過去との訣別を迫っている。(写…

「スーパー北斗」車内販売2月28日で終了、JR北海道謝恩企画実施

2019/02/09 12:00

 鉄道での旅行や出張で心安らぐのが列車内での車内販売。どことなく旅情を誘う光景に、ついつい手を出してしまう人も多かっただろう。そんな車内販売が2月28日で北海道から消える。(写真は、「スーパー北斗」で行われている車内販売) (写真は、車内販売が行わ…