セコマ(本社・札幌市中央区)は、北海道産かぼちゃを使用した全16アイテム(茨城県・埼玉県では12アイテム)の「北海道かぼちゃフェア」を開催している。原料には、セコマグループ農場や穂別産かぼちゃ、JA苫前町の協力のもと、苫前町産のかぼちゃの規格外品、約6トンを有効活用することで食品ロスを削減することも目的にしている。(写真は、「YOUR SWEETS苫前町産かぼちゃモンブラン」)

 セコマは、2015年から苫前町産の規格外かぼちゃを使った商品を製造・販売している。きっかけは、中身は問題なく美味しく食べられるのに、見た目の良し悪しで規格外となってしまうかぼちゃを美味しく食べられるようにしたいという生産者の思いを生かしたいと考えたから。昨年は、苫前町産のかぼちゃのみを使った「北海道かぼちゃソフト」のほか、プリン、モンブラン等にも苫前町産かぼちゃを使用した。

 今回の「北海道かぼちゃフェア」の主な商品は、苫前町産かぼちゃ10%と北海道豊富町産牛乳を使用、一口食べるとかぼちゃの濃厚な味わいが広がる「Secoma かぼちゃモナカ」(本体価格北海道140円/関東160円)、かぼちゃクリームに苫前町産かぼちゃを使用してかぼちゃの濃厚な甘さを詰め込んだ「Secoma 苫前町産かぼちゃクリームパン」(同110円)、こだわりの食感と濃厚なかぼちゃの風味を楽しめる「YOUR SWEETS 苫前町産かぼちゃプリン」(同188円)、かぼちゃクリームの中にかぼちゃソースをしのばせた「YOUR SWEETS 苫前町産かぼちゃモンブラン」(同240円)などがある。フェア実施店舗は、セイコーマート全店(北海道、茨城県、埼玉県)、ハセガワストア、タイエー、ハマナスクラブ。

 規格外品の活用は、2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)や、2019年10月に消費者庁より施行された「食品ロス削減推進法」の達成のためにも重要な取り組みとなるため、セコマでは今後も野菜の規格外品を活用するなど、食品ロスの削減に努めていく。


19人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。