組合員が協同してホルスタイン種牛の改良増殖を図り、農業の生産効率を上げ経営安定化を図ることを目的とする北海道ホルスタイン農業協同組合(山口哲朗代表理事組合長)は、札幌市北区北15条西5丁目20番243ほかで、仮称「HOLSTEIN BLDG」の建設を計画している。(写真は、仮称「HOLSTEIN BLDG」の建設予定地=現在は旧ビルの解体中)

 北海道ホルスタイン農協は、建物老朽化により建て替えを具体化。今年2月初めに札幌市白石区中央1条7丁目に仮事務所へ移転、旧建物の解体作業に入っている。更地にした後、4月初旬から新事務所ビルの建設に入る。敷地面積は約354坪(1169・93㎡)で、そのうち約280坪(925・47㎡)を使って鉄骨造の地上4階建ての建物を建設する。事務所ビルと保育所の2棟を予定している。延べ床面積は約915坪(3021・04㎡)、事務所棟の建物の高さは17・10m。

 建築主は、北海道ホルスタイン農協の子会社で不動産管理や賃貸を行っているJHBS。設計・監理は大和ハウス工業(本社・大阪市北区)北海道支社一級建築士事務所(札幌市東区)、施工は大和ハウス工業北海道支社(同)。


5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。