札幌市中央区南1条西5丁目13ー1の電車通り沿いにある太陽ビルアネックス1階に今夏、ストレッチ専門店「ドクターストレッチ」が北海道初出店する。(写真は、「ドクターストレッチ」が初出店する太陽ビルアネックス)

 パチンコ「パーラー太陽」などを運営する太陽グループ(本社・札幌市中央区)は、2018年春に旧日章ビルを取得、太陽ビルアネックスにビル名を変更した。同ビルは、1973年に竣工した地下1階、地上7階建てで太陽グループの取得後にリニューアルしている。

 1階は空きフロアだったが、今夏をめどに北海道に初進出の「ドクターストレッチ」が出店する。「ドクターストレッチ」は、コアバランスストレッチという筋肉のコアな部分である深層筋にアプローチする独自技術のストレッチを提供するストレッチ専門店。
 運営しているのは、フュービック(本社・東京都新宿区)で、店舗は東京23区に40店舗、23区外に11店舗のほか、神奈川県17店舗、埼玉県7店舗、千葉県3店舗、大阪府17店舗、京都府4店舗、兵庫県9店舗、福岡県5店舗、愛知県4店舗で国内は合計117店舗を展開している。なお、フュービックは、17年に札幌のエイブルソフト(札幌市白石区)を100%子会社化している。

 電車通りの南1条通には、西4丁目の札幌エスワンビルにスポーツジム・フィットネスクラブの「ゴールドジム札幌大通店」、西5丁目の呉服の大松旧札幌支店ビル跡には公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター(本部・東京都新宿区)附属健康増進センター札幌商工診療所が入っている。今回の「ドクターストレッチ」の出店で健康系の拠点が集積することになる。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。