道庁は26日、2件の大規模小売店舗立地法による店舗新設の届出を告示した。河東郡音更町の「音更木野大通東12丁目商業施設」と帯広市の「テックランド帯広2号店」。概要は以下の通り。
 
「音更木野大通東12丁目商業施設」の店舗設置者はホーマックと三井住友ファイナンス&リース。店舗を運営するのは、ホーマック、ダイイチ、北海道三喜、エコノスの4社。店舗新設日は、12月20日。4店舗を合算した店舗面積は1万8044㎡。ホーマックは、1万㎡を超える大型ホームセンター「スーパーデポ」のタイプになりそう。
 
「テックランド帯広2号店」は、帯広市西5条南37丁目に建設する。豊成小学校跡地で店舗設置者と運営者はヤマダ電機。店舗新設日は12月16日。店舗面積は4965㎡。


この記事は参考になりましたか?