北雄ラッキーは、シティびほろ店(網走郡美幌町青山北53―3)の1階売場を改装、坪当たりの売り上げ効率を高めた。同社は、昨年から売場の坪当たり効率を高めるリニューアルを既存店舗で実施している。シティびほろ店もゾーニングは変えず効率性を高めた。同店は地域一番店で年間25億円程度を売り上げている。引き続き2階の総菜製造作業場を拡充する工事にも取り組んでおり、5月中に一連のリニューアルを終える。(写真は、リニューアルした1階のオープン時=13日)
 
 シティびほろ店の1階部分のリニューアルは13日に終えている。リカーの売場を食品売場に組み入れてフリースペースを拡大しスッキリした売場にした。店舗面積は、3135㎡から2937㎡に縮小し坪当たりの売り上げ効率を高めた。
 
 同店では2階で弁当や総菜を製造しているが、この作業スペースを広げ、近隣3店(シティあばしり店、シティえんがる店、シティもんべつ店)への供給体制を強化する工事も進めており5月中に増強体制を確立する。近隣3店でも弁当・総菜類を作っているが、びほろ店の生産能力を増やして近隣3店のアウトパック比率を高める。
 
 美幌町には、アークスグループの道東ラルズが展開するビッグハウス「美幌店」、コープさっぽろの「びほろ店」があるが、シティびほろ店は地域一番店の地位を確保している


この記事は参考になりましたか?