中堅食品スーパーのモリワキ(本社・札幌市西区)は、11日午前9時に「北海市場(ほっかいいちば)屯田店」(北区)をオープンさせる。同社は9月26日に「東店」(東区)を閉店しており、その代替店舗の位置付け。(写真は、11日にオープンする「北海市場屯田店」)

「北海市場屯田店」は、札幌市北区屯田8条4丁目の大型ホームセンター「ジョイフルエーケー屯田店」の空きフロアにインショップ出店。ホームセンターと食品スーパーの複合化によって集客力を高める。新琴似通側に店舗があり、向かいは「イトーヨーカドー屯田店」(屯田8条3丁目)。

「北海市場発寒店」(西区)は、ホームセンター「DCMホーマック発寒追分通店」の敷地内に出店しており、ホームセンターとのコラボ展開は2店舗目になる。北海市場の店舗数は、「屯田店」で5店舗になる。

 屯田地区を東西に走る屯田4番通沿いには、「北海市場屯田店」に次いで11月末にはディスカウントスーパーの「スーパーセンタートライアル屯田店」(屯田9条12丁目)が開店するほか、旧ラパーク篠路跡(太平12条1丁目)には年内にもドン・キホーテが出店することになっている。既存の「イトーヨーカドー屯田店」、「ホクレンショップFoodFarm屯田8条店」(屯田8条10丁目)に加えて一挙に店舗数が増えることになり、スーパー激戦区になりそうだ。