コープさっぽろ(本部・札幌市西区)の広報誌「Choーcoーtto」の表紙パネル展「ちょこっと不思議展」が札幌駅前通の地下歩行空間「チ・カ・ホ」の地下広場で16日まで開催されている。20180911_145258(写真は、「ちょこっと不思議展」。右のパネルは、2017年6月号の表紙を飾った古平町のうに)

「Choーcoーtto」は、英国の小売業テスコが毎月発行している冊子「リアルフード」をヒントに、コープさっぽろが2012年4月から毎月1日に発行しているA5判横長サイズの無料誌。

 コンセプトは、「生産者と食卓を繋ぐ」、「毎日の食卓をちょこっと豊かに」で、北海道で食材を作り出す人の思いを食卓に届けることを狙いにしている。コープさっぽろの店舗や宅配トドックで配布しており、発行部数は57万部。日本フリーペーパー大賞の企業誌部門最優秀賞(2016年)、グルメ誌部門優秀賞(17年)を受賞している。今年の9月で78冊目になった。

 地下鉄南北線大通駅に近いチ・カ・ホの北大通交差点広場(東側)と憩いの空間(東)の2ヵ所に、17年5月号から最新の18年9月号までの表紙を特大パネルにして展示している。
 北海道の食材が不思議なアートのように撮影されており、ふと足を止めたくなるパネルばかり。展示は16日(日)の午後6時まで。