旭川信用金庫(本店・旭川市)は、札幌市内にある「平岸支店」の移転新築工事を進めている。現店舗は平岸街道の西側にあるが、新店舗は東側に建設中。11月下旬には新店舗のサービスを開始する。20180828_175344(写真は、建て替え建設中の旭川信金平岸支店)

 旭川信金は、1914年4月創立で今年は104年目。札幌市内を営業地区に加えたのは1974年6月で札幌支店は2年後の76年に開設。その後、平岸支店、東北通支店、栄町支店、琴似支店が開設され、現在は札幌市内5店舗体制。

 このうち店舗老朽化等により平岸支店の移転新築工事を6月から進めている。現店舗は、豊平区平岸2条12丁目4で平岸街道の北向き車線に面している。新店舗は、同3条12丁目1ー27で同街道の南向き車線に面して建設中。店舗の設計、監理は司設計事務所(旭川市)、施工は高組(同)。