北見信用金庫(本店・北見市)は「旭川支店」を移転新築、10月19日(月)から営業を開始する。現「旭川支店」は10月16日(金)で営業を終了する。(写真は、建設中の北見信金の新「旭川支店」)

 北見信金は、1972年12月に「旭川支店」(旭川市2条通6丁目右7号)を開設したが、築後47年が経過し建物老朽化のためかねてから移転を計画。市内は「四条支店」(同市4条通22丁目5番地12)との2店舗体制だったが、業務効率化のため、「四条支店」を今年4月11日に「旭川支店」に統合。旧「四条支店」跡地に新「旭川支店」を建設することにした。

 新「旭川支店」は旧「四条支店」の西側隣接地に建設中で、旧店舗は解体して駐車場として整備する。現「旭川支店」は、移転後に営業を終了するが、今後は跡地利用が課題になる。なお、旧「旭川支店」の隣接地には、遠軽信用金庫(本店・紋別郡遠軽町)の「旭川支店」(2条通6丁目73)がある。


6人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。