オフィスビル、マンションの賃貸業務を行っているキタコー(本社・札幌市中央区)は、札幌市中央区南16条西8丁目の「フロンティア山鼻」を2億2000万円で取得した。建設会社事務所と賃貸マンション30戸が入る6階建て。IMG_6828(写真は、キタコーが取得したフロンティア山鼻)

 キタコーは、賃貸マンション物件を札幌市中央区で11棟、北区で5棟を所有している。また、オフィスビルや飲食店ビルを合計23棟所有。また、これまで自主運営してきた札幌駅北口の「ホテルダイナスティ」(北区北10条西3丁目)の運営を、貸し会議室運営のTKP(本社・東京都新宿区)に委託、8月1日から「アパホテル・TKP札幌駅北口エクセレント」に切り替えた。キタコーは、TKPに「アパホテル札幌駅前」(中央区北2西2丁目)も運営委託している。
 
 今回取得したフロンティア山鼻は、1985年5月に竣工。これまで所有者が二転三転してきた物件だが、キタコーは今年7月に取得した。賃貸マンション業務の拡大の一環で、これまで保有していた札幌市中央区北1東9の事業用の土地は手放した。


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。