IMG_1302 経済産業省北海道経済産業局は10月29~30日の両日、『北海道の新しい食と観光に関する次世代戦略フォーラム』を開催する。北海道の戦略産業である『食』と『観光』関連産業を核に北海道の持続的成長に向け関係者のチャレンジ精神の醸成を図るのが目的。(写真は、北海道経済産業局が入っている札幌第一合同庁舎)
 
 29日(水)は、午後3時半から首都大学東京教授でぐるなび総研理事、世界観光倫理委員会委員、観光庁参与の本保芳明氏が『食と観光の連携が北海道振興を実現する。そのために何をすべきか』をテーマに1時間講演する。
 
 30日(木)は午後1時から『北海道の食と観光に関するベストプラクティス』を紹介、午後2時40分から農業システムやICT利活用による情報化戦略、地域活性化の取り組みなどをテーマにトークセッションを行う。
 
 会場は札幌パークホテル3階パークホール。カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ベトナム、ミャンマーなど9ヵ国の政府高官等を招聘する。参加無料、定員250人。申し込みは、10月22日までに、http://www.hkd.meti.go.jp/hoksp/20141007/index.htmへ。