札幌市中央区南1条西6丁目で「セブンーイレブン」店舗が計画されている。電車通り沿いで、時間貸し駐車場として利用されている敷地の南1条通側のおよそ半分を利用して建設する模様。20180207_164302(写真は、セブン―イレブンが計画されている敷地)

 敷地の一部には、かつて「人形屋佐吉」の店舗があったが、2014年8月に同店が閉店した跡は店舗も取り壊されて、時間貸し駐車場に組み入れられた。今回は、駐車場敷地の電車通り側のおよそ半分を利用して「セブン―イレブン」店舗が予定されている。
 建築主は土地所有者の有田商事(札幌市中央区)。設計、監理は計画工房(同市東区)、施工は西岡建設(同市豊平区)。工期は、2月初旬から4月中旬まで。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。