一般社団法人の北海道信用金庫協会は15日、2012年度の第1回通常総会を開催し、新会長に杉山信治氏(旭川信金理事長、61)を選任する役員改選を行った。杉山氏は北村信人会長(大地みらい信金会長、69)のもとで副会長を2期4年務めた。北村氏は協会会長の退任とともに22日の大地みらい信金総代会で同信金会長も退く。(写真は、北海道信用金庫協会が入居する札幌市内の信金中央金庫ビル)
 
 役員改選では、副会長や専務理事などの選任も行われ、副会長には増田雅俊氏(稚内信金理事長、58)と増田正二氏(帯広信金理事長、64)が就任、常勤の専務理事には前北海道財務局理財部次長の伊藤修治氏(56)が就いた。12年間常勤専務理事を務めた道財務局出身の田端正博氏(67)は退任した。

 役員改選前には、副会長に稚内信金の増田理事長とともに室蘭信金の鈴木理事長の就任が取り沙汰されたが、鈴木氏は2年後に理事長を交代する可能性が強いため理事にとどまった。

 その他の新役員は以下の通り。
 理事▽鈴木孝・室蘭信金理事長▽吉本淳一・札幌信金会長▽鈴木道明・空知信金理事長▽金沢俊一・苫小牧信金理事長▽遠山博・遠軽信金理事長
 
 監事▽遠藤修一・大地みらい信金理事長
 員外監事▽加賀谷達郎・北海道信用金庫健康保険組合常務理事)



この記事は参考になりましたか?