北洋銀行(本店・札幌市中央区)は2日、札幌市中央区の札幌すみれホテルで2018年4月入行予定者の内定書授与式を行い、柴田龍副頭取が学生一人ひとりに内定書を手渡した。074(写真は、柴田龍副頭取=右から内定書を授与される学生=北洋銀行提供)

 北洋銀の内定者は93人で内訳は大卒75人、短大卒10人、高卒8人。うち男性は47人、女性は46人(短大卒、高卒はすべて女性)。札幌すみれホテルで行われた内定書授与式には59人が出席した。

 お祝いの言葉として柴田副頭取は次のように述べた。「当行は8月20日に創立100周年を迎えた。新創業の志を持って次の100年を目指す中期経営計画『共創』を策定したが、皆さんは新創業1年目の大切な人材となる。残り半年、充実した学生生活を過ごしていただき来春、元気に会いましょう」
 同行は、東京都内でも内定書授与式を行っており26人が出席した。(※高校生8人は出席していない)

 なお、この日は北海道銀行(本店・札幌市中央区)も内定書授与式を行っており、106人が笹原晶博頭取から内定書を授与された。


3人の方が「この記事が参考になった」と言っています。