高級「生」食パンの専門店「乃が美」(総本店・大阪市天王寺区)は、6月中に旭川市内に出店する。昨年、「札幌店」で北海道に初上陸、食パン専門店として不動の評価を確立した。旭川進出で道北の需要を開拓する。20170922_160054(写真は、2017年9月にオープンした北海道1号店の「乃が美はなれ札幌店」。一軒家をリニューアルして店舗にしている)
FullSizeRender(行列ができるほど人気の「乃が美はなれ札幌店」)

 乃が美の食パンは、カナダ産1等級の小麦粉を使い、生クリームやバターなど徹底して素材を吟味して製造。卵は使用していない。キャラメルのように甘い耳で生地の香りも良く、焼かずにそのまま食べても口の中で溶けるような感触がある。
1本800円と割高だが、雑誌社が企画した「日本の食パン、名品10本」のひとつに選ばれ、パンマニアが選ぶ「パン・オブ・ザ・イヤー2016」の食パン部門で金賞を受賞している。
 
 北海道へは、2017年9月1日に「乃が美はなれ札幌店」(札幌市中央区南2西27)で初進出。同店は、現在も買い求める客が行列を作り早々と完売する状況が続いている。
 6月に出店する「乃が美はなれ旭川店」は、ツルハ(本社・札幌市貴東区)がJR旭川駅前に竣工させる「Tsuruha Bldg」の1階。同Bldgには、長谷川ホテル&リゾート(同・東京都豊島区)の「Y’sHOTEL」が入居することになっている。


17人の方が「この記事が参考になった」と言っています。