J―REITの日本賃貸住宅投資法人(本社・東京都港区)は12月1日に札幌市中央区の単身者・DIKS(子どもを持たない共働き夫婦)向け賃貸マンション(総戸数92戸)を10億200万円で取得する。還元利回りは5・5%。IMG_0224(写真は、日本賃貸住宅投資法人が取得するワンルームマンション1物件2棟)

 物件は、札幌市中央区北1条東9丁目に2007年2月に竣工。札幌市営地下鉄東西線バスセンター前駅、JR函館本線苗穂駅から徒歩10分にある12階建てと10階建ての単身者、DIKS向け賃貸マンション。
 1LDK62戸、2LDK30戸で戸数ベースの稼働率は100%。現在の名称は「ghillsイースト・ウエスト」だが、同法人取得後に「グランカーサ永山公園通」に変更する。媒介は、不動産売買仲介・不動産賃貸管理業のタカラ(本社・札幌市中央区)。
 
 日本賃貸住宅投資法人は、札幌を中心とした道内で「サテラ北34条」や「フラットカレラ」、「スカイヒルズN15」などワンルーム12物件をポートフォリオに組み入れており本物件で13物件目。


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。