不動産分譲などを手掛けるアルファコート(本社・札幌市中央区)の子会社、アルファ都市設計(同・同)が進めている江別市野幌住吉町の商業施設に作業服・作業用品の「プロノ」が出店する。既に6月21日にはツルハ(本社・札幌市東区)が「ツルハドラッグ野幌住吉町店」をオープンさせており商業集積が進む。IMG_4477(写真は、建設が進む「プロノ」店舗)

 商業施設の建設場所は、三番通と十丁目通が交差した北東の角地で三番通に面しており、「湯の花江別殿」の斜め向かいにあたる。大規模小売店舗立地法の届け出が道庁から2017年11月24日に告示された時は「ツルハドラッグ」の店舗のみの出店が決まっていたが、18年6月27日に変更届が告示されてハミューレ(本社・札幌市東区)の展開する「プロノ」の出店が明らかになっていた。店舗面積は合計で約715坪(2360㎡)になる。
 ハミューレは、江別市中央町に「プロノ江別店」を展開しているが、新店舗開業に伴い同店は閉店する。新店舗のオープンは9月20日。


10人の方が「この記事が参考になった」と言っています。