大型複合店コーチャンフォーを展開しているリラィアブル(本社・釧路市)が建設を進めている関東2号店、コーチャンフォーつくば店(茨城県つくば市)のオープン日が、2022年10月20日(木)に決まった。店内には日本一の広さを持つドトールコーヒーが入るなど、話題を呼びそうだ。(画像は、コーチャンフォーつくば店の完成予想図)

 コーチャンフォーつくば店は、つくば市学園の森3丁目50-7に立地、つくばエクスプレス研究学園駅から約2㎞の場所に建設中。敷地面積は約4393坪(1万4500・04㎡)、建築面積は約3065坪(1万116・57㎡)、店舗面積は約2000坪(約6600㎡)と関東1号店であるコーチャンフォー若葉台店(東京都稲城市)と同規模になる予定。1階が駐車場(収容台数513台)、2階が店舗。

 書籍は、約1000坪(約3300㎡)の広さで、約50~60万冊を品揃えする。コーチャンフォーでは、小さな頃から本に触れられるように児童書コーナーを大きく取っており、つくば店も同様にする。文具は約600坪(約1980㎡)の面積で、学校で使用される鉛筆やノートなど定番文具のほか、キャラクター文具、画材、贈り物に適した高級筆記具、鞄、革小物など雑貨もラインナップする。ニーズと流行に合わせて10万アイテム以上の商材を用意する。

 ミュージックは、洋楽、クラシック、ジャズ、演歌歌謡曲からドライビングサウンドまで、大人の音楽ファンに向けた幅広いアイテム構成となっており、アイドル系CDはコーチャンフォーオリジナル特典を付けるなど付加価値を訴求する。マルシェは、コーチャンフォーの店舗では最大の約80坪(約264㎡)を予定、北海道の食材、成城石井の商品、普段あまり目にすることがない珍しくて美味しい食品を展開する。

 飲食コーナーでは、約103坪(約339㎡)の広さがある日本一のドトールコーヒーをFC(フラインチャイズ)出店する。178席。また、店内には、白いグランドピアノを常設、コンサートなども開催できるように検討する。社員、パート、アルバイト約120人で運営する。
(画像は、コーチャンフォーつくば店の内部イメージ)


100人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。