ローソン(本社・東京都品川区)は、5月9日(水)に「札幌月寒1条二丁目店」、10日(木)に「札幌月寒中央大通店」をそれぞれオープンさせる。札幌市内のローソン新規店舗は、昨年12月27日にオープンした「札幌月寒中央十一丁目店」以来、5ヵ月ぶり。IMG_2952(写真は、9日にオープンする「札幌月寒1条二丁目店」)
IMG_2953(写真は、10日にオープンする「札幌月寒中央大通店」)

「札幌月寒1条二丁目店」(豊平区月寒東1条2丁目5―10)は、ハローワーク札幌東に近く、「つきさっぷ郷土資料館」の向かいにあたる。

「札幌月寒中央大通店」は、国道36号線沿いで地下鉄東豊線月寒中央駅1番出口からすぐ。新築マンション「メトロ月寒中央」の1階部分。同店のチラシによると、10日のオープンから3日間限定で弁当50円引き、おにぎり30円引き、店内キッチンで作る「まちかど厨房」の商品は350円以上の買い上げで50円引きとなっている。

 ローソンの2月末の北海道店舗数は654店舗で、昨年2月末から17店舗増加した。3月以降に閉店はなかったため3月10日にオープンした「新千歳ゲートラウンジ店」(千歳市)と今度の2店舗で合計657店舗になる。


4人の方が「この記事が参考になった」と言っています。