函館市に本拠を置く地場ホームセンターのイエローグローブは6月上旬、恵庭市恵央町11―1に「恵庭店」をオープンさせる。DCMホーマック(本社・札幌市厚別区)の旧恵庭店跡に居抜き出店するもので、イエローグローブとしては29店舗目になる。IMG_3918(写真は、既に店舗名が記されているイエローグローブ恵庭店)

 イエローグローブは、テーオー小笠原(本社・函館市)が全道で展開しているホームセンター。「よい品をよりお求めやすく、快適な暮らしのお手伝い」を基本コンセプトに家庭用品、DIY用品、ペット用品、園芸用品、家電、カー用品などを揃えている。

 現在、道南13店舗、道央9店舗、道東6店舗の合計28店舗を展開、道央エリアでは小樽市、苫小牧市などに出店している。今回の「恵庭店」は、DCMホーマックが1997年4月にオープンさせ、2015年2月に移転のため閉店した店舗。
 店舗は、マックスバリュ恵庭店やツルハMV恵庭店、イエローハット恵庭恵央店、ガスト恵庭店とともにショッピングセンターを形成することになる。


24人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。