ドラッグストアチェーンを展開するサンドラッグ(本社・東京都府中市)の北海道展開を担っているサンドラッグプラス(同・札幌市東区)は、札幌市内25店舗目になる「発寒6条店」(西区発寒6条9丁目)を24日午前10時にオープンさせる。海晃ホールディングス(同・同市中央区)がフランチャイズ展開している「ブックネットワン」の「発寒店」跡への居抜き出店。IMG_0496(写真は、サンドラッグ発寒6条店)

 サンドラッグ発寒6条店は、二十四軒手稲通沿いで回転寿司なごやか亭発寒店、セイコーマート発寒6条店が商業集積した一角。サンドラッグは、札幌市内に24店舗展開しており新店は25店舗目。
 札幌市内のドラッグストア店舗数は、ツルハドラッグ(同・同市東区)が98店舗、サッポロドラッグストアー(同・同市北区)が52店舗(いずれも2015年11月末現在)。目下の勢力図を大まかに言うと、「ツルハの半分がサツドラ、サツドラの半分がサンドラッグ」ということになる。


16人の方が「この記事が参考になった」と言っています。