札幌大通ゾーンの賑わいを創出してきた商業施設「IKEUCHI GATE」(中央区南1条西2丁目)が6月21日に閉店してから1ヵ月半、解体工事が始まった。半年後には解体工事は終了、大通の商業中心地にぽっかりと更地が生まれる。(写真は、解体工事が始まった「IKEUCHI GATE」)

 札幌大通ゾーンの商業中核地と言えば、南1条通の西2丁目から6丁目あたり。駅前通の南2条から南4条あたりと並んで多くの商業ビルが立地する。中でも「IKEUCHI GATE」と「IKEUCHI ZONE」は南1条通を挟んで門のように並ぶツイン商業ビルとして賑わいを創出してきた。

 その一方の「IKEUCHI GATE」の営業が終了したのが6月21日。百貨店「丸ヨ池内」時代から67年、建物の老朽化もあって一時代を終えた。南1条通に面した商業ビルの建て替えは、1995年の「丸一ビルヂング ラ・ガレリア」(南1条西3丁目)、2004年の「札幌シャンテ」(南1条西1丁目)に続くもの。ただ、「IKEUCHI GATE」解体後の新しい土地利用については明確に決まっておらず、当面は更地の状態が続きそう。

 ちなみに、解体工事は本間解体工業(本社・札幌市西区)が行い、期間は8月初旬から2021年2月末頃となっている。雪のシーズン真っ盛りの頃、中心部にぽっかりと更地が生まれ、次の役割が決まるまで無聊(ぶりょう)をかこつことになる。



54人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。