札幌市中央区北1条西27丁目の「すし善」が本店新築工事を進めている。現在の本店隣接地に新築するもので10月に着工、2018年5月末に完成、オープンは初夏を予定している。「すし善」は、生の握りだけでなく北海道の食材を活かした寿司を提供、本店は「ミシュランガイド北海道2017特別版」で一つ星にも選ばれている。IMG_0298(写真は、すし善本店新築現場)

「すし善」本店の新築工事は、隣接して今年6月まで営業していた「すし善蕾亭本店」跡に建設している。蕾亭本店は営業終了後に解体され、本店駐車場として利用されていたがこちらも8月末に閉鎖された。

 新本店の設計、監理は中山設計事務所(札幌市中央区)で総合計画、意匠は現在の本店もデザインした門脇修氏。施工は山崎建設工業(本社・札幌市中央区)。来年初夏の新本店オープンに伴って現本店を移転する。


5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。