20周年のアニバーサリーツアーとなる人気グループ、嵐の5大ドームツアー。その皮切りとなる札幌ドームコンサートが、きょう16日から3日間開催される。札幌ドームでの公演は11回目となるが、地元札幌では嵐一色の週末風景が今年もいたるところでみられる。中でもドームに近い「イトーカドー福住店」は、例年以上に嵐愛が満ち溢れた売り場になっている。(写真は、嵐のメンバーが迎え入れるイトーヨーカドー1階入り口)
(商品を買い求めるファン=写真)

 15日から始まった札幌ドームでのグッズ販売。夕刻には大勢のファンが地下鉄福住駅からドームへ向かったが、地下鉄駅と直結しているイトーヨーカドー福住店では、恒例の嵐ディスプレイを施してファンの気分を一層高めている。

 1階は、壁面が嵐のCMポスターでびっしり埋め尽くされている。メンバーを起用した食品や日用雑貨、コスメ商品なども等身大パネルと共に展示販売されており、書籍販売コーナーも登場。店舗の入り口近くでは「嵐」の背中広告を背負った書籍担当者がファンに声を掛けるなど例年以上の盛り上がり。

 嵐のメンバーカラーのグッズや傘なども「推しカラー」として販売され、『ライブ前に寄らなくて大丈夫ですか』とファンの心をくすぐるような手書きのPOP広告も登場している。また、北海道でしか売られていないカップ麺や菓子などのお土産コーナーも1階エレベーター近くに期間限定で設置された。
 さらに、この3日間は店内の地下1階と2階の男性トイレが女性用に変更される。ファンの声を取り入れながら売り場を進化させるイトーカドー福住店の嵐愛はファンに負けないくらい熱いようだ。
(「嵐」の背中広告で書籍をPRする販売員)
(「ライブ前に寄らなくて大丈夫」と推しカラーグッズをPR=写真)



21人の方が「この記事が参考になった」と言っています。