人気グループ「嵐」の札幌ドームコンサートが17日から3日間開催される。例年は11月から12月の開催だが、2020年の活動休止を前に今年は5月と11月の2回行われる。札幌ドームに近い地下鉄福住駅直結の「イトーヨーカドー福住店」は、恒例の「嵐」フロアに一変、道内外のファンを迎えている。
(写真は、イトーヨーカドー福住店の嵐フロア)

 大型スーパーが、これほどの規模でアイドルグループにちなんだ売り場展開をする例は珍しい。恒例の嵐の札幌ドームコンサートに合わせて行われているイトーヨーカドー福住店の嵐フロア。地下鉄側の1階入り口にはメンバーのポスターが壁一面に貼られているほか、1階フロアの4分の1近くはメンバーが起用された商品の数々がポスターやパネルとともに陳列販売されている。

 また、『アラシアンズの皆様 ようこそ札幌に‼』と書かれたPOP広告を掲げたお土産や特産品コーナーも設けている。ファンならずともフロアのディスプレーには感嘆している様子で、スマートフォンで撮影する姿も多く見られた。

 公演前日、16日昼のツイッターでは「札幌黄色」というワードがトレンド入りした。これは嵐の限定グッズの色が札幌会場は黄色だったためだが、地元札幌ではタマネギの「札幌黄」の話と勘違いされたという。ともあれ、きょうから3日間は10数万人の嵐ファンが札幌に詰め掛ける。大通公園では「札幌ラーメンショー」や「さっぽろライラックまつり」も行われており初夏の札幌の街は大いに賑わいそうだ。


21人の方が「この記事が参考になった」と言っています。