医療法人仁楡会は、札幌市南区澄川2条1丁目にある「仁楡会病院」を、同市豊平区中の島2条7丁目5番に新築移転する。(写真は、仁楡会病院の新築移転の敷地)

 仁楡会病院は、泌尿器科と人工透析の専門病院で1988年に札幌市南区で初めて泌尿器科の専門病院として澄川2条1丁目で開院。診療科は泌尿器科、人工透析、血液外科、麻酔科で一般病床100床、人工透析44床。

 移転新築場所は、白石・藻岩通と中の島通交差点の南東角で学校法人北海道科学技術大学「教育・研究支援センター」跡地。敷地面積約2118坪(6991・28㎡)のうち約567坪(1874・35㎡)を利用して鉄筋コンクリート造の地上5階建ての病院を1棟建設する。延べ床面積は約1959坪(6465・86㎡)、建物の高さは22m。着工は、2020年2月を予定している。
 建築主は医療法人仁楡会、設計、監理は戸田建設(本社・東京都中央区)札幌支店(札幌市中央区)一級建築士事務所、施工は戸田建設札幌支店。移転新築先は現病院から約1㎞離れている。


16人の方が「この記事が参考になった」と言っています。