複合商業施設サッポロファクトリーに近い札幌市中央区北3条東6丁目でオリエント建設(札幌市南区)が賃貸マンション2棟の建設を計画している。
(写真は、いずれもオリエント建設が計画している賃貸マンション建設予定地)

 1棟は、北3条東6丁目356ー5の仮称「N3E6MS(E棟)」。敷地面積約113坪(375・53㎡)のうち約53坪(175・90㎡)を利用して鉄筋コンクリート造の地上5階建ての建物を建設する。戸数は19戸で延べ床面積は約266坪(879・50㎡)、建物の高さは14・400m。

 もう1棟は、北3条東6丁目356ー1の仮称「N3E6MS(A棟)」。敷地面積約105坪(346・55㎡)のうち約49坪(163・60㎡)を利用して鉄筋コンクリート造の地上5階建ての建物を建設する。事務所と賃貸マンション16戸で延べ床面積は約247坪(818・00㎡)、建物の高さは14・469m。
 いずれも建築主はオリエント建設、設計、監理、施工もオリエント建設が行う。着工時期は2019年7月中旬を予定している。

 2棟の建設予定地は、4月末に開館した新中央体育館「北ガスアリーナ札幌46」や高層ツインタワーが建設されている北4東6市街地再開発地区の隣接地にあたる。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。