セコマ(本社・札幌市中央区)は、7月6日(月)からベルギーの醸造所で製造したビール「パームビール」を「セイコーマート」の酒類取り扱い全店と通販サイトで発売する。(画像は、セイコーマートで発売するベルギー産の「パームビール」)

 原産国は、ビールの本場ベルギー。1747年からビールを製造し270年以上の伝統を持つ「パーム醸造所」で作られている。伝統的な製法である上面発酵のエールビールで、特徴であるフルーティーな香りが楽しめる。

「パームビール」は、下面発酵のビール(ラガービール)に負けない商品を作りたいという醸造所の想いから名付けられたという。パーム(ヤシの葉)は、栄光と勝利のシンボルという意味があり、その願いがパッケージにも反映されている。馬のロゴは、ベルギーのフレミッシュ・ブラバンド州のシンボル。この州の伝統的スペシャル・エールであることを象徴している。

 酒税法上の区分はビール、内容量は330ml、アルコール度数は4・5%以上5・5%未満。本体価格は北海道168円(10%税込み184・80円)、茨城県・埼玉県178円(同195・80円)。
 セイコーマートの酒類取り扱い全店とハセガワストア、タイエー、ハマナスクラブで発売するほか、通販サイトでも1ケース24本入り単位で販売、送料は全国一律550円(税抜き)。


67人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。