セコマ(本社・札幌市中央区)は、子会社セイコーマート(同・同)が展開する「セイコーマート」で、7月2日から「Secoma北海道とうきびソフト」の販売を開始した。(画像は、「Secoma北海道とうきびソフト」)

 原料には、JAそらち南(本社・夕張郡栗山町)が栗山町と夕張郡由仁町で生産された、とうもろこしで製造した「コーングリッツ(とうきび粉)」と天塩郡豊富町産の生クリームを使用、とうきびの甘さを楽しめるアイスにしている。「コーングリッツ」は、2017年に北海道立総合研究機構とJAそらち南の共同研究で開発された製造技術で、2022年から江別製粉(本社・江別市)の子会社N-GRITS(栗山町)が製造を継承、パンや菓子など様々な商品に利用されている。

 北海道産とうきびの味わいと豊富町産生クリームのコクが楽しめ、茹でたとうきびのような優しい甘さが特徴。生クリームは、モコモコした形をしており、見た目も可愛いソフトになっている。商品名は「Secoma北海道とうきびソフト」、価格は、北海道が本体価格185円(8%税込み199・80円)、茨城県・埼玉県は同210円(同226・80円)。「セイコーマート」全店のほか、道南の「ハセガワストア」、根室市の「タイエー」、全道の「ハマナスクラブ」で販売している。



51人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。