JR北海道グループが運営している手稲鉄北ショッピングセンター(手稲区前田2条13丁目3-20、以下手稲鉄北SC)内に「ペンギンベーカリー手稲前田店」がオープンしたのに続き、2023年1月には「ダイソー」、同年3月には「海鮮寿司トリトン」が相次ぎオープンする。既存の「ジェイ・アール生鮮市場手稲前田店」、「サツドラ手稲前田2条店」、「シャトレーゼ手稲店」、「コメダ珈琲店手稲前田店」とともに飲食、物販の集積が一段と進む。(写真は、オープンした「ペンギンベーカリー手稲前田店」と建設中の「ダイソー」店舗)

 手稲鉄北SC内では、スーパー銭湯の「極楽湯さっぽろ手稲店」がJR北海道グループ企業によってFC(フランチャイズ)運営されていたが、老朽化に伴い2021年7月末に閉店。その後、建物は解体され、JR北海道グループは、飲食、物販の単独棟3棟と賃貸マンション1棟の建設を進めてきた。

 そのうち単独棟1棟は既に完成し、11月18日に「ペンギンペーカリー手稲前田店」が先行してオープン。ペンギン(札幌本社・札幌市清田区、東京本社・東京都豊島区)が道内初のFC店舗として展開するもので、運営は弁当・仕出しの八起(苫小牧市)。

(写真は、建設中の「海鮮寿しトリトン」店舗)

 単独棟2棟は現在、建設中で、大創産業(本社・東広島市)の「ダイソー」が2023年1月下旬、キタイチホールディングス(同・北見市)の「海鮮寿しトリトン」が同年3月下旬にそれぞれオープンする。単独棟3棟の建物設置者は、北海道ジェイ・アール都市開発(同・札幌市西区)、建物の設計、監理はマキタ設計事務所(同市白石区)。

(写真は、建設中の賃貸マンション)

 また、建設中の賃貸マンション1階にも商業店舗が入る。「大型コインランドリー洗美 手稲店」、「ブライトデンタルケアオフィス」、「アジアンリラクゼーションヴィラ 手稲店」、「築地銀だこ 手稲店」、「油そば東京油組総本店 手稲店」の5店舗で、2023年3月以降に賃貸マンション竣工に合わせてオープンする。建物設置者はJR北海道で、設計、監理はアルファコート(本社・札幌市中央区)。既存店舗と併せて、手稲鉄北SCは、集客力を一段と強めることになる。


90人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。