苫小牧民報社(本社・苫小牧市)は、苫小牧市新開町4丁目2番4に商業施設を建設する。施設に入る商業店舗は現時点で非開示だが、オープン日は2022年8月23日(火)が予定されている。(写真は、「苫民プレスセンター」の解体工事)

 商業施設の建設地は、印刷工場だった「苫民プレスセンター」跡地。同センターは、2004年7月に稼働し、チラシ折り込みなどの「とまみんサービス」の本社を同センターに移転した。2020年10月に新聞印刷を毎日新聞北海道センターに委託、自社印刷を取りやめた。「とまみんサービス」は引き続き同センターで営業展開していたが、2021年11月15日に本社を日の出町2丁目14-19に移転、同センターは解体されることになった。

 解体工事は、2021年9月15日から始まっており、2022年2月15日で終了する。解体を行っているのは、菱中建設(本社・苫小牧市)。商業施設は、この跡地を使って建設されるもので、店舗面積は約478坪(約1578㎡)、駐車場の収容台数は60台。営業時間は最大で午前6時から午後10時。

 建設地は、国道36号線沿いで「イオンモール苫小牧」やロードサイド店舗が集積しているゾーン。苫小牧民報社は、「契約上、出店社名はお話しできないが、見通しはついている」(総務)としている。なお、同じ敷地内にある苫小牧信用金庫新開支店は、そのまま営業を続ける。



100人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。