衣料品しまむらグループ(本部・埼玉県さいたま市北区)が、江別市大麻南樹町1にベビー・子ども用品専門店「バースデイ」の「江別店」を建設する。昨年11月にオープンした「ツルハドラッグ大麻中央店」の隣接地で、オープンは11月下旬以降になりそう。(写真は、「バースデイ江別店」の出店場所)

 建設場所は、2番通り沿いにある介護老人保健施設「葵の園・江別」隣接地。葵グループ(本部・東京都千代田区)の社会福祉法人葵新生会(同・広島県東広島市)が所有していた約1610坪(5324・50㎡)の土地を、不動産総合企業のアルファコート(本社・札幌市中央区)の関連会社、アルファ都市設計(同・同)が取得、商業施設の設置を進めてきた。

 当初は、「ツルハドラッグ」と「バースデイ」の同時期オープンの予定だったが、「バースデイ」の建設がずれ込み、「ツルハドラッグ」が先行して昨年11月12日にオープンしていた。ほぼ1年遅れで着工した「バースデイ」店舗の建築主はしまむら、設計、監理はアルファコートグループの一級建築士事務所プロ1(札幌市中央区)、施工は生川(なるかわ)建設(本社・三重県四日市市)。工期は、2021年7月19日から同年11月15日まで。

「バースデイ」は、道内に17店舗あるが、江別市内には初出店となる。競合の西松屋チェーン(本社・姫路市)の「西松屋」は、「上江別店」(上江別427番地32)を展開している。



9人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。