サッポロドラッグストアー(本社・札幌市北区)は3日、札幌中心部の狸小路商店街に「サッポロスーヴェニールショップ」をオープンした。ハラール認証を得た食品や化粧品のほか、訪日外国人に人気の北海道菓子を揃えた土産店。狸小路商店街の「サツドラ」店舗は4店舗になる。IMG_1294IMG_1245(写真は、3日オープンしたサッポロスーヴェニールショップ)

「サッポロスーヴェニールショップ」は、狸小路6丁目のジャラン狸小路ビル1階に出店。売場面積は41・4坪。
 この店舗は、増加している訪日ムスリム外国人を主な対象にした土産店で、食品や化粧品などハラール認証を得た商品に加え北海道の菓子を中心とした土産品を揃えている。
 
 サツドラは、インバウンド需要を取り込むため中国人などの爆買い需要に対応したインバウンド対応店舗を9店舗出店している。今度の店舗で10店舗目になるが、ハラール対応店舗としては同社初となる。


4人の方が「この記事が参考になった」と言っています。