アベストコーポレーション(本社・神戸市中央区)は16日、「ホテルアベスト札幌」(札幌市中央区南2条西6丁目)をオープンさせた。今年3月末に閉館した札幌・狸小路商店街直結の「ホテルサンルートニュー札幌」の後継ホテル。(写真は、16日にオープンした「ホテルアベスト札幌」)

 アベストコーポレーションは、2003年に大阪市内でウィークリーマンション事業をスタート、08年から「ホテルアベスト」の運営を開始、現在は全国に18ヵ所のホテルを展開している。また、レストラン事業やペット事業も行っている。今回、北海道に初進出を果たした「ホテルアベスト札幌」は、ファミリールームやビジネス向けのシングル、ダブルルーム、バリアフリールームなどがあり、観光やビジネス向けに運営する。部屋は、洋室299室、和室7室など全306室。内訳は、シングル152室、ダブル8室、ツイン91室、スイート1室など。  
 
 売りは、北海道の食材を使った豪華な朝食。海鮮バイキング料理や朝ジンギスカンなどを用意している。マンスリープラン、ウィークリープラン、日帰りのテレワークプランなども用意している。



14人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。