キリンビール北海道千歳工場(千歳市)は、千歳市藤の沢国有林で森林の保全育成活動「キリン千歳水源の森づくり2022」を10月15日に3年ぶりに実施した。(写真は、「キリン千歳水源の森づくり2022」での枝打ち作業=キリンビール北海道千歳工場提供)

 この取り組みは、2007年にキリンビールが石狩森林管理署、社団法人国土緑化推進機構と締結した「キリン千歳水源の森づくり協定」に基づいた活動。千歳市から後援を受けて取り組む今回の活動では、すでに植林されているアカエゾマツ国有林の除伐、間伐、枝打ちなどを行った。除伐とは、森林内の風通しや日当たりを改善するため、不必要な木を伐採することで、森林育成上の効果がある。
 道道16号(支笏湖公園線)から藤の沢林道に入った0・5㎞の地点にキリンビール北海道千歳工場の従業員28人、林業技師会から10人、千歳市役所から1人の約40人が集まり、2時間かけて約2万㎡の範囲で作業を行った。

 キリンビール北海道千歳工場では、千歳川の支流である日本名水百選に選ばれたナイベツ川湧水を水源とする水をビールづくりに使用している。このナイベツ川の水源林である支笏湖東方に位置する藤の沢国有林(13・26ha)の森林保全活動に取り組む目的で石狩森林管理署、社団法人国土緑化推進機構と「キリン千歳水源の森づくり協定」を締結しており、2067年まで森林の保全育成活動を続けることになっている。今回は、3年ぶりの実施となった。



8人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。