LifeBag(札幌市手稲区)は、札幌で活動する一流音楽家をニセコ倶知安地区に届ける事業「Life with Classic」を開始、きょう8月23日(月)から予約受付を開始する。(写真は、ニセコ倶知安地区のヴィラ。本文とは関係ありません)

 ニセコ倶知安地区では、コロナ下でもホテル・レジデンスの建設が進んでいる。目下のところ、ワクチンパスポートの運用も限定的でインバウンドの入り込みは止まっているが、ウィズコロナ、アフターコロナに向けた環境整備が進んでいる。そんな中、コロナ禍で演奏機会が減っている音楽家の演奏機会の創出とイベント自粛で不自由な生活を強いられている人たちを元気づけようと、LifeBagはニセコ倶知安地区への出張演奏会「Life with Classic」の事業を始めることにした。現時点ではコロナ収束は見通せないため、最小限の人数での演奏会となる見込み。

「Life with Classic」は、札幌を拠点とする一流音楽家を現地に届け、LifeBagがコーディネーターとなって希望に沿った演出を提案する。行政のコロナ感染防止対策を遵守した範囲内で、食事などを楽しみながら鑑賞できるようにする。ホテルやコンドミニアム、レストラン、病院・福祉施設などでの利用を想定している。

 ニセコ倶知安地区以外にも札幌地区や富良野地区での展開も予定している。LifeBagは、レンタルリネンサービスやクラシック音楽のコーディネート、レストランのコーディネートなどを行っている。予約は同社HPから。https://life-with-classic.com

 

12人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。