ヤマダデンキ(本社・群馬県高崎市)は7月2日、札幌市中央区に新コンセプト第3号店「Tecc LIFE SELECT 札幌本店」をオープンさせた。「家電住まいる館YAMADA札幌本店」を業態転換したもので、これによって集客力を高める。(写真は、7月2日に業態転換してオープンした新コンセプト店「Tecc LIFE SELECT 札幌本店」)

「Tecc LIFE SELECT 札幌本店」は、中央区北1条西8丁目1ー2に立地。2009年に「テックランド札幌本店」としてオープン、その後19年7月に「家電住まいる館YAMADA札幌本店」に業態を変更、さらに今回新コンセプトの店舗に転換した。
「たのしい。くらしをシアワセにする、ぜんぶ。」をストアコンセプトに家電だけでなく、家具・インテリア、生活雑貨、リフォーム、日用品、ゲーム、おもちゃなど生活に必要な商品を幅広く取り揃えた。

 お客に買い物を楽しんでもらうように豊富な体験型ディスプレイや実際の使用シーンがイメージできるように家電と家具を組合わせた展示も用意しており、製品を体感することができる。完全子会社化した大塚家具(本社・東京都江東区)の製品も初登場する。「Tecc LIFE SELECT」業態は、「熊本春日店」(熊本県熊本市)、「姫路本店」(兵庫県姫路市)に次ぐ店舗になる。ヤマダデンキは道内では全37店舗を展開しており、「テックランド」31店舗、「家電住まいる館×YAMADA」(web.com店舗含む)5店舗、「Tecc LIFE SELECT」1店舗の内訳になる。


25人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。