8月1日から行われている札幌・すすきのの夏の風物詩「すすきの祭り」。今年で55回目を迎えた祭りに今回は「札幌・すすきのサンバカーニバル」が加わった。すすきの囃子の笛の音と神輿を担ぐ男たちの威勢の良い掛け声、さらにサンバのリズムが重なり夏の夜を盛り上げた。※動画はこちらの画像↓をクリックしてご覧ください。

(写真は、サンバカーニバルのアレゴリア(山車)に乗って踊る王様の格好をした似鳥昭雄会長)
(写真は、すすきのの駅前通を踊り歩いたサンバチーム)

 すすきの祭りの最大のイベントと言えば「花魁道中」。歓楽街すすきのが誕生して今年で149年、「花魁道中」は明治開拓期の光景を再現する祭りのハイライトで、例年はこの「花魁道中」に神輿渡御やすすきの囃子などが行われる。期間中、仲通りには屋台が軒を連ね、すすきの夜は熱気に覆われる。

 今年は、それにサンバが参戦、「すすきの祭り」は今までにない雰囲気に包まれた。2日午後8時半過ぎ、スピーカーから流れる音楽が止まり、大勢の見物客が押し寄せた駅前通に一瞬、静寂が訪れた。きびきび動く警備員、行き交う見物客たち。あたりは初めてのサンバカーニバルを前に期待感が高まっていった。

 やがて鳴り響き始めた独特のリズム。華やかな衣装を身にまとったダンサーたちが幾人も身体を揺さぶりながら目の前を通り過ぎていく。浅草サンバカーニバルのチームやブラジルのチーム、ニトリホールディングスや北洋銀行、野村證券など企業チーム約500人参加、踊り手と見物客は笑顔で繋がった。

 この催しの発案者はニトリホールディングス(札幌本社・札幌市北区)の似鳥昭雄会長(75)。2017年に死去したすすきの観光協会元会長、篠田政一氏との約束だったサンバ誘致を叶えたもので、会場は和と洋が織りなす不思議なハイブリッド感を帯びた。2回、3回と続けば「すすきの祭り」はどう変容していくだろうか。交じり合った真夏の宴を体感してみたい。
 なお、きょう3日は午後2時から札幌三越前とすすきの間、午後7時40分からはラフィラ前とすすきの市場の間でサンバのパレードが行われる。


6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。