札幌学院大学(江別市)のフェアトレードサークルの学生たちが、札幌市内の企業とコラボして開発したオリジナルフェアトレードスイーツ「さっぽろゆめ結晶」が誕生した。10月末から札幌市内の2ヵ所で販売されている。(写真は、フェアトレードラベル認証スイーツ「さっぽろゆめ結晶」6個入り=札幌学院大学提供)

「さっぽろゆめ結晶」は、フェアトレードの有機シナモンパウダー、はちみつ、ココアパウダーのほか北海道産黒米、もちきびなどを使用した「砂糖なし、添加物なし、グルテンフリー」の健康に配慮した新感覚スイーツ。卵・小麦アレルギーの人でも安心して食べられる。

 主原料はアルゼンチンのはちみつ、ガーナのカカオ、スリランカのシナモンパウダーで、製造者はフェアトレード商品を扱っているマックスドナ(札幌市中央区)。価格は6個入り980円(税別)、10個入り1800円(同)、15個入り2500円(同)。販売場所は、「エシカル・タイム ファクトリー店」(札幌市中央区北2条東4丁目1ー2、サッポロファクトリー3条館2階)、「エシカル・タイム 円山店」(同市同区宮の森1条1丁目1ー12、マックスドナ内)。期間限定販売として11月20日(金)まで、札幌市役所地下1階売店で6個入りと10個入りも販売している。

 札幌学院大では、国内2番目、道内では初のフェアトレード大学として、今回の「さっぽろゆめ結晶」を通じ、北海道のフェアトレードやSDGs(持続可能な開発目標)を推進して地域に根差した大学の責任を果たしていく。
 フェアトレードとは、開発途上国の作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって生産者の持続的な生活向上を支える仕組みのこと。



19人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。