医療法人徳洲会(大阪市北区)は、札幌市清田区平岡5条1丁目23ー3、24ー6に「札幌南徳洲会病院」を建設する。現在、同区里塚1条2丁目にある同病院を移転する。(写真は、「札幌南徳洲会病院」の建設場所)

 移転場所は、現病院から約2㎞北方向に離れた平岡東公園の近く。敷地面積約3062坪(1万105・58㎡)のうち約1058坪(3492・40㎡)を利用して鉄筋コンクリート造の地下1階、地上2階建ての病院を建設する。延べ床面積は約2153坪(7106・28㎡)、建物の高さは14・06m。着工は2020年1月初旬。

 建築主は、医療法人徳洲会。設計、監理は内藤建築事務所(東京都中央区)、施工は未定。建設に先立って土地の区画形質を変更するため市の開発許可を得て19年9月から開発事業も行う。

 札幌南徳洲会病院は、1987年8月札幌医療生活協同組合として設立、96年徳洲会と業務提携、同年5月に病院名を札幌南青洲病院に変更。2017年12月に札幌医療生協から徳洲会に事業譲渡、札幌南徳洲会病院に名称を変更した。病床数は現在88。竣工は21年。



18人の方が「この記事が参考になった」と言っています。