ミサワホーム北海道(本社・札幌市白石区)は、同市北区太平11条1丁目2-1、2-2、3-5、3-6で戸建て住宅用地を造成する。総面積は約1878坪(約6200㎡)で区画数は30区画。(写真は、ミサワホーム北海道が宅地造成を計画している長方形の土地)

 造成場所は、MEGAドン・キホーテ篠路店近くの創成川通沿い。仲通りの太平区画整理16号線までの長方形の土地で、土地所有者は個人から2022年5月にミサワホーム北海道が売買代金完済を条件にした条件付所有権移転の仮登記を行っている。幅約40m、長さ約150m。区画は、166・40㎡が13区画、167・84㎡が13区画、168・58㎡、168・73㎡、170・36㎡、170・47㎡が各1区画の計30区画となっている。中央には幅員8mの道路を取り付ける。ミサワホーム北海道は、2022年9月中旬以降から造成工事を開始する予定。

21人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。