日本最大級の総合ディスカウントストア、ドン・キホーテ(本社・東京都目黒区)が2019年はじめに札幌市北区太平12条1丁目に「MEGAドン・キホーテ」をオープンさせる。移転のため18年8月下旬で閉店した「スーパーセンタートライアル篠路店」跡への居抜き出店で、12月初旬には「驚安の殿堂 MEGAドン・キホーテ」の屋上看板が取り付けられた。(写真は、札幌・篠路の「MEGAドン・キホーテ」が入るSC)
(屋上看板には『驚安の殿堂 MEGAドンキ』の看板に塗り替えられた=写真)

 出店場所は、1991年3月に開業した旧長崎屋の中規模ショッピングセンター(SC)「ラパーク篠路」跡。このSCは、長崎屋の経営不振により1992年にカウボーイが店舗を承継、「カウボーイ篠路店」として営業を続けたが、カウボーイの事業をトライアルカンパニー(本社・福岡市東区)が承継、「スーパーセンタトラアイル篠路店」として運営してきた。18年8月26日、トライアルは店舗の移転のため退店、今度はドン・キホーテが店舗運営を始めることになった。
 
 SCの施設の1階部分は現在改装工事中で、工事期間は19年1月中旬まで。「MEGAドン・キホーテ」は1階フロアを利用して店舗進出する見込み。2階では100円ショップ「ダイソー」、スポーツクラブ「JOYFIT」が営業している。
 
 ドン・キホーテは、19年2月上旬に狸小路商店街4丁目にある「アルシュビル」(南3西4)の地下1階、地上3階を利用した「MEGAドン・キホーテ狸小路総本店」)(仮称)をオープンさせることになっており、19年の札幌は、「ドンキ旋風」で幕を開けそう。なお、ドンキは北海道で現在、MEGAドンキ5店舗、ドンキ8店舗を展開している。
※「MEGAドンキ・ホーテ篠路店」(仮称)のオープン予定は2019年春でした。訂正いたします。


44人の方が「この記事が参考になった」と言っています。