北海道内に14店舗のカフェやレストランを展開する「MORIHICO.」は、セカンドブランドの若者向けコーヒーショップ「JB ESPRESSO MORIHICO.」から新商品「JBクロッフル」の販売を開始した。(写真は、新商品「JBクロッフル」2種)

 クロワッサンの生地をワッフルメーカーでプレスしてチョコレートやフルーツでトッピングしたワンハンドスイーツの「クロッフル」は、次世代スイーツとして人気が広まりつつある。テイクアウトに手軽で、SNS映えもするためトレンドの最先端にもなっている。「JB ESPRESSO MORIHICO.」で提供する「JBクロッフル」のフレーバーは、ビターチョコレートにたっぷりのナッツとキャラメルをふんだんに使った「ブラックキャラメルナッツ」と、まろやかなホワイトチョコレートに色鮮やかなフランボワーズとピスタチオを散らした「ホワイトベリー」の2種(各480円税抜き)。

 ブレンドコーヒーとの相性にもこだわっており、甘過ぎず香ばしい「キャラメルナッツ」には、浅煎りには珍しいナッティなフレーバーを持つライトブレンド、リッチな甘さの「ホワイトベリー」には、深煎り焙煎がビターなフレンチブレンドがお勧めとしている。シーズンごとにトッピングを変えた新フレーバーも販売予定。

 また、「JB ESPRESSO MORIHICO.」の人気商品、「JBソフトクリーム」にも、「ストロベリー」や「塩レモン」、「くろみつ」、「OIMO」といった新フレーバーの販売も行う。「JB ESPRESSO MORIHICO.」は、「新道東駅前店」(札幌市東区)、「サイクルロード」(同市白石区)の2店舗がある。
(写真は、「JB ESPRESSO MORIHICO.新道東駅前店」の店舗サイン)


6人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。