セコマ(本社・札幌市中央区)は、9 日から紋別郡滝上町産のハッカを使用した『Secoma 北海道滝上町産ハッカ使用 ミントハイボール』(以下ミントハイボール)をセイコーマートの酒類取扱店で発売した。(画像は、『Secoma 北海道滝上町産ハッカ使用 ミントハイボール』)

『ミントハイボール』は、ハッカの生産量日本一で、ハッカの栽培に100年以上の歴史がある滝上町産の和ハッカを原料とし、クラフトジンをベースにした清涼感のあるハイボール。和ハッカの乾燥葉とジュニパーベリー(ジンの香りづけ等に使用されるスパイス)を原料用アルコールに漬け込み、そのアルコールを蒸留する方法でジンを作っているため、ジンそのものにハッカの香りが付くのが特徴。また、ミントの香味の特徴を生かしつつより爽快な味わいが楽しめるよう、相性のいいシークワーサー果汁を使用した。人工甘味料不使用で、すっきりとした酸味とほのかな甘みが感じられる。

 同社が滝上町産のハッカを使った商品を開発するのは、2019年7月6日に発売した『Secoma チョコミントアイスバー』(通年で販売)に次ぐ2品目。チョコミントアイスバーは販売初週で2万1000個を販売し、セイコーマートオリジナルアイスの中で5位、オリジナルアイスバーの中で1位と好評を博した。品質が高く、人気のあるハッカを他の商品にも生かそうと今回の開発に至った。

 現在、国内で使われている天然ハッカは99%が輸入品で、残り1%の国産ハッカの95%が滝上町産。また、和ハッカはペパーミントやスペアミントなどの洋種ハッカに比べて、「メントール(ハッカ脳)」の量が多いという特徴があり、商品に和ハッカを使用することにより、より強い清涼感と爽快な味わいを生み出している。

 内容量は350ml、アルコール分6%、本体価格は北海道店舗が118円(税込み129.80 円)、関東店舗は128円(税込み140.80 円)。販売店舗は、セイコーマートの酒類取扱いのある全店(北海道・茨城・埼玉)とハセガワストア、タイエー、ハマナスクラブ。通販サイト「セイコーマートオンライン」でも1ケース(24 本)単位で販売。本体価格は税抜き2832円(別途1 ケースにつき全国一律送料税抜き550円がかかる)。


21人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。