サンドラッグ(本社・東京都府中市)の子会社で北海道の事業会社、サンドラッグプラス(同・札幌市東区)は、札幌市白石区菊水元町3条3丁目1-18にサンドラッグ店舗を建設する。オープンは、2023年1月末頃になりそう。(写真は、サンドラッグの新店舗建設場所)

 サンドラッグプラスが建設を進めているのは、北13条・北郷通沿いの敷地。2020年8月に移転統合した社会医療法人朋仁会整形外科北新病院の跡地で、ダイソー100円プラザ札幌菊水元町店の隣接地。店舗の建築主は、サンドラッグプラス、設計、監理は有限会社菅原設計室(札幌市豊平区)、施工はサンドラッグ花川北店(石狩市、2021年11月7日オープン)を手掛けた創建工業(本社・苫小牧市)。工期は、2022年9月12日~2023年1月20日。

 建設場所の近くには、ツルハドラッグ菊水元町店(菊水元町2条2丁目2-7)のほか、アサヒドラッグが入っているラッキー菊水元町店(菊水元町3条2丁目2-8)がある。また、サンドラッグプラスは同じ北13条・北郷通沿いの約2㎞離れた場所で、サンドラッグ北郷店(白石区北郷3条6丁目1-6)を展開している。サンドラッグプラスの道内店舗数は63店舗(2022年3月末)、年商は約198億円(2022年3月期決算)。



10人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。