トライアルカンパニー(本社・福岡市東区)は、札幌市手稲区新発寒1条1丁目1118-3、1119-1で24時間営業のディスカウントストア、スーパーセンタートライアルの店舗建設工事に入った。今年8月中旬から工事に着手、2023年5月初めに店舗は完成する見通し。(写真は、トライアル店舗の建設工事=追分通宮の沢跨線橋から撮影)

 出店場所は、道道128号線(追分通)の函館本線宮の沢跨線橋西側で、同本線の北側を線路に沿って走る鉄工団地通に面している。牧場跡地だった約3405坪(1万1239・69㎡)の土地を利用して店舗を建設する。土地所有者は個人、トライアルカンパニーは土地を賃借して自前で店舗を建設する。

 店舗建設に先立ち、トライアルカンパニーは札幌市から開発許可を受けて、今年7月16日から土地造成工事に着手していた。施工者は内建(福岡県久留米市)。このほど始まった店舗建設の施工業者は、盛興建設(本社・苫小牧市)、設計は渡辺建築設計(札幌厚別区)、監理は河村佐藤デザイン(福岡市西区)、建築主はトライアルカンパニー。工期は2022年8月17日から2023年5月3日まで。店舗面積約303坪(1000㎡)以上に必要な大規模小売店舗立地法に基づく札幌市への新設届は、9月15日現在で告示されていないが、近く告示されるもよう。

 トライアルカンパニーは、中川郡幕別町に十勝地区2店舗となるディスカウントスーパー「スーパーセンタートライアル」を来春にも出店する見通し。新発寒の店舗を含めて、トライアル店舗が道内で28店舗になる(閉店がないことを前提にカウント)。


22人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。