セコマ(本社・札幌市中央区)は、8月27日(金)に「セイコーマート旭川6条大雪通店」(旭川市6条通19丁目)を新規オープンさせる。外観はネイビーカラーの黒っぽい「セイコーマート」で、旭川市内では初のお目見えとなりそう。(写真は、8月27日に新規オープンする「セイコーマート旭川6条大雪通店」)

「セイコーマート旭川6条大雪通店」は、大雪通(国道39号線)沿いにあった「ほうらい市場」跡に出店する。現在は、外観がほぼ完成、今後は内装や看板などの取り付けを行う。営業時間は、6時~24時。
 
 店舗の外壁カラーは、従来のイメージを一新するような黒っぽいネイビーカラーを採用。「セイコーマート」店舗の外壁カラーは、これまでホワイト系の配色が中心だったが、昨年半ばに建て替えた富良野市内の店舗にネイビーカラーを採用、現在は苫小牧市内や札幌市内などを含めて9店舗ある。ネイビーカラーによって、セコマのロゴカラーであるオレンジカラーが一段と引き立つようになっており、旭川市内では初めての登場となりそう。
 
 セコマは、「セイコーマート」の新規出店を抑えて、既存店の建て替えを優先する店舗戦略に切り替えている。今回の「旭川6条大雪通店」は、純増の新規店舗。本サイトの調べによると新規出店は、2020年8月1日オープンの「ザ・ノット札幌店」(札幌市中央区)以来、1年ぶりで、新規路面店としては、19年6月28日の「月寒東2条店」(同市豊平区)以来となるもよう。


23人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。