旭川市4条通1丁目の旧「コープさっぽろ4条通り店」跡地に建設中の「ツルハドラッグ」店舗と集積する飲食店は、あきんどスシロー(本社・大阪府吹田市)が展開する回転寿司の「スシロー」であることが分かった。旭川電気軌道(本社・旭川市)が所有する土地で、建物2棟を同社が建設、「ツルハドラッグ」と「スシロー」が賃借する。(写真は、旭川市4条通1丁目で建設が進んでいるツルハとスシローの店舗)

 土地面積は、約1725坪(5694㎡)。旧コープ店舗は既に解体され店舗建設が進んでいる。ツルハ店舗の敷地面積は約420坪(1389㎡)、店舗面積は約355坪(1174㎡)。市内のツルハ店舗の中でも比較的大型の店舗となる。オープン予定は12月25日で、近隣にある「ツルハドラッグ西店」(4条通3丁目)が移転し同店は閉店する。ツルハが展開する旭川市内の49店舗は変わらない。

「スシロー」は、約110坪(365㎡)の敷地面積を利用して店舗を構える。ツルハ店舗は敷地西側、スシロー店舗は敷地東側に配置される。2つの店舗に挟まれた中央部分が駐車場(78台収容)で、大規模小売店舗立地法に基づく道への届け出によると、ツルハ分は60台。車の出入り口は、国道12号線側と旭川トヨタ側、仲通り側からの3ヵ所で、ツルハ側に出入り口はない。建屋は平屋建てで施工は大和リース(本社・大阪市中央区)。

「スシロー」は、旭川市内に「旭川永山店」(永山2条5丁目2ー19)があり、今度の店舗は2店舗目。これによって道内店舗数は11店舗になる。オープン時期はツルハ店舗よりも後ずれしそうだ。


32人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。